トップ   代表メッセージ

代表メッセージ

21世紀の幕開けを合図にして人と世界のオンライン化が始まりました。

あらゆる情報がインターネット上を飛び交い、あらゆるモノはネットで手に入り、人々は皆ソーシャルネットワークでつながる。
スマートフォンですべての人にネットが行き渡ったことでこれらはますます加速しています。

流通規模で見ると現在ゲーム市場のオンライン化率は6割、広告市場は2割、コマース市場はほんの3%。
全体で見れば世界のオンライン化はまだ始まったばかり。これから100年の単位で進み続けます。

私たちマイネットはこの不可逆に進む世界のオンライン化の先端で、人と人とを結び付けるサービスを提供し続ける『オンラインサービスの100年企業』です。

2006年のソーシャル揺籃期には国内初のソーシャルニュースの提供を開始して現在に続くニュースキュレーションアプリの草分け的存在となりました。2010年を挟んで立ち上がったO2O(Online To Offline)の市場ではいち早く飲食店で人をつなぐモバイルサービスを提供し飲食店マーケティングのオンライン化を推進、更なる事業発展のため2013年にヤフーへ事業譲渡しました。

現在はオンライン化が最も進んでいる市場の一つであるゲーム領域でコミュニティ型のゲームサービスを多数運営しています。
スマホ時代に適した独自の集客基盤を有して、ビジュアルキャラ領域のトッププレイヤーとなっています。

当社の強みは集客・データ分析・技術・クリエイティブの力を結合した『サービス運営力』です。
過去9年に渡るオンラインサービスと3年に渡るスマホゲームのサービス運営を通じて蓄積した成果を生み出す方程式と、業界有数の技能を誇る運営プロフェッショナル達がこの『サービス運営力』を形作っています。

これから2020年代に向けて、あらゆるモノがネットにつながるIoT(Internet of Things)の時代を迎えます。
ここでは人のバイオデータや行動データ、モノが検知した状態データのすべてがクラウド上に蓄積され、ビッグデータ分析を通じてその人に最適のサービスが供給されるようになります。

これはすべてのサービス業が『オンラインサービス化』するということです。飲食サービスも交通サービスも医療サービスも、すべてが『オンラインサービス』となる未来が到来します。

翻ってスマホゲームはIoT時代に先んじてゲーム世界内でのユーザーのあらゆる行動データや消費データが蓄積され、私たちはこのビッグデータを用いてユーザーに最適かつ豊かな体験を提供します。こうして私たちがゲーム事業で日々培っている『サービス運営力』はオンライン化が進む時代において更に価値が高まっていくものと確信しています。

私たちは現在あらゆるオンライン市場の中で最も成長著しいスマホゲーム市場で、未来のアセットを蓄積しながらも市場の急成長を超えるスピードで成長を遂げています。私たちと共に成長し、オンライン化の先端で人と技術の明るい未来を切り拓いてくださる方々との出会いを楽しみにしています。

2015年1月17日
株式会社マイネット 代表取締役社長
 上原 仁

 


<代表略歴>
1974年生。神戸大学経営学部卒業後、1998年NTT入社。
2001年にNTTの光戦略会社立ち上げに参画した後、NTTレゾナントにてポータルサイトgooのサービス統括。
2006年7月株式会社マイネットを創業し同社代表に就任。専門はマーケティング戦略。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加